教えて!正しいスキンケア・化粧水・美容液。 山梨フェイシャル

洗顔後ご自宅でのスキンケアの正しい順番・方法って迷いますよね。

美容液?化粧水?どちらを先に使用したらいいの?
正しいお肌への使用の方法は?
乾燥肌、敏感肌、脂性肌、この肌トラブルには何を使用すればいいの?
キリーク式正しい洗顔後のスキンケア方法をお伝えします。

角質肥厚のお肌だと、ゴワゴワ・ザラザラして黄クスミした表面になっています。
たとえると、セロハンテープがかさなっていると黄色く見えるのと同じです。

洗顔後のお肌は古い角質がとれて角質層を健康な肌の図のようになります。
汚れ角質を落とした後はお肌に水分と栄養を与える “潤すケア” がとても大事。
いらないものが取り除かれた肌に化粧水・美容液が浸透しやすくなりますので、お肌に必要な栄養と潤いを与えましょう。

キリーク式ルールその3『肌に水分補給をしましょう』

ポイント① 化粧水と美容液の目的・役割を理解し、正しく使用しましょう。

化粧水 → 水分を補い肌を整える。
美容液 ➝ トラブル対策・トラブルへの集中アプローチ
      肌に良いプラスの効果・栄養を与えてくれる。

ポイント② 化粧水・美容液の順番と使用方法を覚えましょう

化粧水と美容液の使用する順番は、”美容液・化粧水の粘度・治したい肌トラブル”によって順番が変わります。

~美容液~
基本的に、粘度の低いサラサラした水タイプの物から使用していきます。
一回のスキンケアで複数の美容液を使用する際には、一番気になるトラブルに効果のある美容液から使用していきましょう。
化粧水前に塗る美容液タイプと、化粧水でお肌を整えた後に使用するタイプがあります。
ご自分の使用する美容液がどのタイプの美容液か使用方法を確認して正しく使用しましょう。
間違った順番で美容液を使用してしまうと、どれだけ良い美容液を使用していても効果が半減してしまいますので注意しましょう。

~化粧水~
導入化粧水か、そうではないのかによっても使用の方法が変わります。
オススメの使い方は、コットンを使用し、摩擦にならないように注意しながら肌に軽く押すようにして入れ込んでいきます。
化粧水がミスト状の細かいものは顔に吹きかけ、手のひらで全体に入り込むように優しく抑えましょう。

ポイント③ 年齢や今の肌状態・季節にあったスキンケアを使用できているのか。

~気を付けた方がいい美容液の選び方~

・なんとなく「肌悩み・トラブル」に効果がありそうだから
・価格帯やテクスチャーが好みだから
・使い慣れていて肌にあっているような気がするから

ご自分のお肌に合うアイテムを、正しく使用することが大切です。
夏と冬ではお肌に大きな違いがでますよね。
脂っぽくなり化粧が崩れやすかったり、乾燥でカサカサ・ザラザラなお肌になったり・・・。
お肌の状態は変化するので季節ごとに使用アイテムを変えてみたり、時には使用アイテムを減らしたり増やしたりすることも必要です。

ご自分に合わない美容液を使用していては、理想のお肌への道が遠のいてしまうことも。
判断ができないときは、美容のプロにご相談いただくと良い結果に繋がりますのでご相談を。

次回は、正しいスキンケア 保湿ケア編ををお伝えしていきます。


ニキビを何とかしたい!!山梨エステ

皆様こんにちは、BeautySpaceキリークの舞咲です
学生から、大人までの大きな悩みの一つにニキビがありますね。
かく言う私も、ニキビが出やすい肌です。
思春期はだいぶ前に終わってるんですけど、いまだに油断すると
ニキビが出てしまうことがありますので、皆様の悩みよーくわかります

そもそもお肌ってこんな感じ。
健康なお肌は、皮脂腺という脂を出す腺と
汗を出す汗腺があり、汗腺から出る水分と皮脂腺から出る脂分が
混ざって天然のクリームを作ってくれています。
これがいわゆる保護膜(皮脂膜)と言われている天然のバリアです。
このバリアが崩れると様々な肌トラブルが起きてしまいます。
ニキビは、水分が少なくなり、脂分が多く出すぎることが原因で
出てしまうことがほとんどです。
・思春期によるホルモンバランスの乱れ
・ストレスによるホルモンバランスの乱れ
がバランスが崩れる大きな原因ですが、その他にも、
食生活などでもバランスが崩れやすくなります。

ニキビにも種類がありますよね?
・額などに多く出やすい「白ニキビ」
・小鼻や鼻の頭に出来やすい「黒ニキビ」
・フェイスラインをはじめ様々なところに出てくる「赤ニキビ」
・赤ニキビがひどくなって膿を持つ「黄ニキビ」
・赤ニキビや黄ニキビが破裂し、または潰して出来る「ニキビ跡」
あなたはどの段階のニキビでお悩みですか?
ニキビの種類がわかったところで、何故?ニキビが出来るのかを
考えていきましょう。

ニキビは、上図のように、正常な健康的な肌から、
水分と脂分のバランスが崩れることによって、
毛穴を脂分が覆い隠してしまいます。
もともと常在菌としてお肌に存在している
【アクネ菌】が閉じ込められた環境で増殖してしまいます。
これがニキビの始まりです。
増殖が続くと炎症を起こしてしまいます。
アクネ菌の影響を受けずに炎症しなかった場合に、
黒ニキビになります。黒ニキビは、主にお顔の中心ライン、
鼻、小鼻、眉間などに出やすいものです。
いわゆるTゾーンですね。ここはもともと脂分が出やすい部分ですが、
アクネ菌の影響を受けにくい場所でもあります。
しかし、身体の疲れがピークに達して
体の免疫が落ちると面疔(めんちょう)と言われる顔の中心ラインにも
炎症ニキビ(赤ニキビ)が出たりします。
人間の体って不思議ですよね。
【からだ】は通常は、【体】や【身体】と書きますが、
【身】の字には、心、精神の意味も含まれております。
単純に【からだ】と読むこともありますが、
【身体】は【しんたい】と読みますね。
【しんたい】という表現において私は敢えて【心体】と
考えていただきたいと思っています。
先ほど述べたように、ストレス状態も大きくニキビにも影響を
与えるからです。
」のケアもとても大事なスキンケアの1つと言えます。
先に書いたようにそれが【ホルモンバランスの乱れ】に大きく
影響を受けてしまいます。
本当にニキビ改善を目指すには、お肌の外側からのケアはもちろん、
内側からのケアも必要です。
内側からのケアは2つあり、
・内面のケアからのインナーケア
・心のケア(ストレスケア)
が必要です。
インナーケアは、抗酸化、抗炎症を考えていけばよいです。
インナーケアについては、また次の機会に詳しくお話ししましょう。
お肌の外側からのケアは、スキンケアですね。
まずは、毛穴を塞がないようにするれば良い・・・そう思いますよね。
脂分を除去するには洗顔ですよね??
こまめな洗顔を推奨されていますが、
多くは洗い過ぎている事に気が付いていません。
大事なのは、こまめな洗顔ではなく
【正しい洗顔】
です。
正しい洗顔は、次回に詳しく説明していきます。
今回は、ここまで。